STAFF BLOGスタッフブログ

2017.6.20スタッフブログ

糸によるリフトアップと当店の施術の違い

ほうれい線
先日、糸を入れたけどあまり効果が感じられないからと、
当店にいらしてくださったお客様がいらっしゃいました。

 

病院で、糸ではこれ以上の効果は出せないと言われたとか。

 

ご相談があったので、私たちも糸によるリフトアップというものを
改めて復習してみました。

 

まず、糸によるリフトアップといってもいろいろあるんですね。

 

<溶ける糸で皮膚組織をひっぱるもの>

 

けば立った糸や、円錐状のひっかかりがついた糸を頬などに入れて、組織を引っ張り上げます。

 

糸は数か月から数年の間に溶けてしまうので、リフトアップ効果が短いというデメリットがあります。

 

この動画、怖いですから、見たい方だけどうぞ・・・。

 

<ショッピングスレッドなどひっぱりあげないもの>

 

韓国美容鍼やショッピングスレッドと呼ばれるものは、
鍼で糸を入れるのですが、

 

ひっぱるのではなく、
鍼の刺激や、肌に残った糸が真皮層を刺激することで、
コラーゲンやエラスチンの産生を促進し、
ハリを取り戻そうとするものです。

 

この糸もいずれ溶けます。

 

金の糸と呼ばれるものも、
ひっぱりあげるのではなく、
金の糸を入れておくことで
真皮層を刺激してハリを取り戻そうとするものです。
金ですから溶けないですね。

 

これらはたるんだ皮膚をひっぱりあげるものではないので、
たるみやほうれい線への効果はあまり期待できないようですが、
お肌の若返り効果はあるんでしょうね。

 

アメリカではマイクロニードリングといって、
鍼でお肌を刺激することで、
真皮層のコラーゲン産生を高めて
皮膚の再生を促すという方法が流行ってます。

 

<溶けない糸で皮膚組織をひっぱるもの>

 

糸が溶けないので、
効果の持続が長いと言われていますが、
失敗したから糸を取り出したいと言っても
皮膚組織に絡まってしまっていて
簡単には取り出せなくなったりもします。

 

異物を入れるわけですから、
さまざまな問題が生じることもあります。

 

****************

 

一方、当店の施術はというと、

 

マイクロカレントと呼ばれる、
体に流れている生体電流と同じくらいの
とても弱い電流を流すことで、
細胞の代謝を促し、
細胞から若返らせるというものです。

 

細胞が若返るので、筋肉が育ち、
お肌のハリが戻り、
きりっとシャープなお顔になっていきます。

 

ジムに筋トレに行くような感じです。

 

最初、継続すると、だんだんと筋肉が出来てきて
あとは、時々続けていると、いい状態が維持できます。

 

残念ながらやめちゃうと次第に元に戻っていきますから、
続けなきゃいけないんですね。
人間の体ですから、仕方ないんです。

 

ジム通いも、やめてしまったら、
老化の一途ですよね・・・。

 

続けている方がたるみを改善して、
とてもシャープな若々しいお顔を取り戻されている様子は、
たくさんの使用前使用後写真でご確認いただけます。

 

公開可の方は少ないんですけどね~。

 

マイクロカレントのいいところは、
副作用がないところです。

 

というより、逆にいい副作用がいっぱいです。

 

細胞が若返るので、
みずみずしく、ぷるぷるで、
くすみがなく、
シミも薄く、
ニキビや吹き出物も収束していくし、
なんと、疲れも取れるわ
髪の毛も生えるわで。

 

いいとこずくめで嘘みたいですが、
そもそも医療現場で
傷の治療や筋肉の修復に使われているものですから
当たり前なんですよね。

 

正直言って、
そんなリスクのあることされる前に、
うちに来ていただけたらなぁ・・・と思います。
でも、大きな声では言えないので、小さな声で。

 
 
注目記事➡

 

 

リフトアップ↑たるみ改善を体感される方が続出♪

本当に、改善したいなら・・・ビューティーセラピーマジックにお任せください。

※ご予約はお電話にて承ります。

自由が丘マリクレール通り店 03-5797-7735

自由が丘カトレア通り店 03-6754-3714

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

はじめての方はこちらに↓当店の施術の説明がございます。

はじめての方へ

リフトアップメニューはこちら↓です。

リフトアップメニュー

施術メニューはこちら↓です。

施術メニュー

ご予約はネットからも24時間受付けております。

ご予約・お問い合わせ

一覧へ戻る